時代の鏡

アコム何時までと耳にすれば「怖い」「高利子」「抜け出せない」「すぐ借りられる」などのイメージを思い浮かべる人は少なくないと思います。現在ではテレビCMで当たり前に目にする時代でありそこに出てくるのは誰もが知っている有名タレントです。きっと一度もアコム何時までを利用した事もなければする必要もないと察する事のできるだろうにと思う違和感を拭い去ることはできません。

こちら

それでもなぜアコム何時までの数や露出度は年々増えてくるのでしょうか?もちろんそこに借りる人間がいて大きなマーケットが存在するからです。銀行の審査が厳しすぎる、明日必要なお金を準備しなければならないなど利用する人間も決して笑顔で借りに来る事はないと思います。

こちら

そこに映るのはGDPなどの数字では現わすことのできない時代の鏡だと感じます。いつの世も成功者、失敗者とは存在するものですが日本のような中産階級が大多数を占めていた国でさえも二極化が進みアコム何時までに手を出さなければならない人が増えているのだと思います。

こちら

そしてまたお金に困っている人を助けてあげる家族や友人でさえも保身に走るばかりでお金を貸すこと自体が大衆文化として無くなってきているのです。需要と供給があるからこそのビジネスです。ですがビジネスだからこそ貸す側にも借りる側にもメリットが生まれる、そんな経済社会になってほしいと思います。

こちら

会社を経営しているとどうしてもまとまったお金を偶発的に準備しなければならない事はあります。そんな時に役所仕事のように時間や規則ばかりの制約がある銀行ではなくてアコム何時までが力強い友人のような立場になればきっとアコム何時までのイメージや利用する意義がより大衆化され心地よい存在になるのではないでしょうか。

楽天カードゴールド
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>