悔るしかった返済

悔るしかった返済

正直、私は金遣いがとても荒い時期がありました。お酒、キャバクラ、趣味、と・・・。手元にある分はすぐに使ってしまい残りませんでした。そして、一度だけとアコム何時までのお世話になったのです。しかし、当然それは一度だけにおさまりませんでした。5万だけ。あと2万だけ。10万まで。あと一回だけ。こうしてくりかえしていくうちにあっという間に100万近くの借金を抱えることになってしましました。

自業自得とはいえ、これを返していくのは本当につらかったです。毎月給料がはいると、使ってしまう前に返済に充ててしまいました。

こちら

それでも少しでも節約をして、毎月大目に返すことを心掛けました。なるべく飲み物にはお金をかけずに水を飲んだり、なるべく高いご飯は食べずに自炊したり、休みにひも遊びに行かずに家から出ないでお金を使わないようにあいてしました。一番つらいのは、友達から遊びや飲みに誘われても、断らないといけなかったことです。

当然そんな生活をしているのだから彼女等はできるわけもなく、女っ気ない生活を送っていました。そして、1年近くが来たとき、残額がやっとあと1回で返済できるところまできたのです。正直、とても長くてつらくて涙がこぼれました。

こちら

でも、ここまで苦しんだからこそ7、もう二度と同じ過ちは繰り返さないと誓うことが出来ました。これから先、どんなにお金に困っても、アコム何時までにたよるのではなくて、自分自身の欲を抑えることで生きていこうと思います。いい教訓になりましたね。

アコム何時までにおけるカードローンとキャッシング

最近のアコム何時まででは、「カードローンでキャッシングの利用」などという言葉が普通に使われるほど、ローンとキャッシングの区別が無くなっています。今では分ける必要もなくなっていますが、厳密に言うとローンとキャッシングには違いがあります。

こちら



過去、ローンというのは、住宅ローンやサラ金などのように、担保を提供することによって、主に銀行から多額のお金を借り、毎月一定の金額を長期間に渡って返済していく金融商品のことでした。また、借入金の使用用途が決められていたのも特徴と言えます。

それが近年、銀行とアコム何時までが提携されるようになったことで、ローンの利便性を増すために進められるようになったシステムがカードローンです。毎月決められた金額を返済していくことを条件に、ATMから少額のお金を借入できるようにしたものです。

また、カードローンでは、返済途中で残債を一括して返済したり、分割払いではなく、1回払いとしたりすることもできます。

こちら



一方、キャッシングと言うのは、元々はアコム何時までや信販会社などから小額のお金を借りて、翌月に全額返済する金融商品のことでした。

しかし、それでは借りられる金額も限定され、利用する機会も増やすことができません。そこで、1回払いではなく、分割払いにすることで借入をしやすくし、またそれによって利用者の増加も図られました。

その結果、ローンとキャッシングの明確な区別がつかなくなってしまい、現在では、全く同じように使われるようになっています。

即日発行クレジットカード
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>