便秘は怖いのです・・。

便秘は怖いのです・・。

「便秘なんて大したことないわ」と侮っていると重傷の場合には救急車で運び込まれることにもなりかねないかもしれないということです。何日もお通字じがないのになんの対策も取らないなんてとても危険なことだと思いませんか?しかし、そうなってまで一日を乗り切ろうと頑張って食べてしまうなんてとても危険なことですよね。

まあ、食事をいつも7分目か8分目位に抑えている人であればあまり便秘とは関係ないかもしれませんが、「美味しいから」「栄養と摂らないと」と思いながら食べている人はただでさえ胃腸が疲れることは目にも見えているということです。だから体のタメを思えば「食べ過ぎないこと」ですよね。ご飯もお茶碗の7分目より少なめを1杯だけだとか決めているのが解決策の一つでもあるということです。

しかし、そうはわかっていても体が健康であるがゆえに「美味しい」とつい2膳めを食べてしまうのも健康な女性に多いですよね。それは結局は自分の欲望との戦いにもなりますが、健康のためには「食べ過ぎない」

ということがとても重要な気もするということです。

そういうことでは自分の胃腸に無理をかけない程の食事の量ということならわかるのですが、なんで女性は太りやすいということもあって食事が美味しい場合が多いのでしょうかね。それで、改めてダイエットということを自分にも言い聞かせながらでないと食事の量というものを調整できない。

しかも、育児中であったりすると子供の残りものまで食べてしまう食欲の旺盛さ・・。それはともかく育児にパワーを使うということもありますが、育児には交代制というのは利きませんので、疲れないようにと頑張って食べてしまうのですよね・・。

でも自分の体については、せめて便秘のことくらいは気をつけて貰わないことには、一家の太陽であるお母さんが便秘でもし倒れてしまうということがあると子供さんたちが可哀想です。以上自分の体験談からも言えることですが、お通じは健康のバロメーターですのでとても気をつけたほうがいいということです。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/etccard-tsukuru.net/1075.html


<<前のページへ   次のページへ>>