快便派の私が便秘に悩まされた時

快便派の私が便秘に悩まされた時

私は昔から比較的快便の方で、あまり便秘に悩まされた経験はありません。

2歳年上の姉は小学生のころから便秘気味で毎日なかなか便が出なくてお腹が張っていて苦しいと言っていて、ひどい時は1週間も出ないこともありそんな時は痩せている姉のお腹がポッコリと膨れていて見るからに苦しそうで、便秘って辛いんだろうな、と思ったものです。

そんな姉とは反対に旅行に行ったりして1日便が出なくても翌日にはまとめて出るという体質だった私ですが、そんな私が便秘に悩まされたのが妊娠中です。

妊娠中はつわりなどで食欲が落ちたり、食べてもすぐに戻してしまって便秘になることが多いとされています。

また、妊娠中はそれまでと体質が変わって水分を特にたくさん取らないと体が水分不足になってしまうこともありますし、お腹に赤ちゃんがいると思うと便をする時にお腹に力を入れるのをためらってしまうこともあってそれも便秘の原因になるんです。

私も妊娠中はつわりがひどく、あまり食べ物を食べられない時期があったのでそのころから便秘には悩まされるようになりました。

何日も出なくて辛いので妊婦健診時に便秘の薬を出してもらい、それを飲んだりもしていましたが、つわりが終わってたくさん食べられるようになると便秘も解消されて毎朝快便になってきました。

しかし、ある日朝から用事があってトイレにゆっくりと行けず、排便のタイミングを逃してしまい、その日の夜にも出なかったのですが「まあ明日の朝出るだろう」と軽く考えていたんです。

しかし翌朝の朝食後にトイレに行くと、便が出そうになってるものの、ものすごく硬くていくら気張っても出てこないんです。

お腹の赤ちゃんが気になって思いっきりいきめないし、でもこれを出さないと時間がたつにつれもっと便が硬くなることは目に見えたので何とか出さないと、と汗をかきながらトイレにこもること30分、ようやく便が出た時は本当にほっとしました。

便秘対策には、毎日きちんと排便することが大事だと痛感した出来事でした。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/etccard-tsukuru.net/1077.html


<<前のページへ   次のページへ>>