特定調停とは

債務が膨らんでどうしようもなくなってしまった場合、債務整理を行うことになるわけですがその中の一つに特定調停と呼ばれる方法があります。
これは内容的には任意整理に近いのですが、大きな違いは裁判所を通じて行うかそうでないかという点です。
任意整理の場合、弁護士が業者と直接話し合いを行い、金利支払い部分の軽減を行うわけですが、特定調停の場合は裁判所を通じて調停委員が話し合いを行い、債務の軽減を行うことになります。

こちら


基本的に債務が全て無くなる訳ではなく、任意整理同様利息制限法で引き直しをした後の軽減された債務を3年以内に返済することが条件となります。

こちら


任意整理の場合、強制執行された場合にはそれを回避することが出来ないわけですが、特定調停の場合、手続き中は強制執行を止めることが可能になります。

こちら


ですから強制的な給与の差し押さえなどは無くなるわけです。
しかし注意しなければいけないのは返済有りきの整理方法ですし、裁判所を通して債務の軽減を行っているため強制執行は止められても、返済できなくなった場合には給与の差し押さえなどが行われてしまいます。

こちら


特定調停を行った時点で、いわゆるブラック扱いに掲載されてしまう点も考えておく必要があるでしょう。
一度ブラック扱いになってしまえば、5年間はローンの利用が出来なくなりますからその点も注意しなければいけないポイントです。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>