任意整理とは

任意整理とは債務整理の方法の一つで、裁判所を通さずに直接金融会社と話し合いを行う方法です。
金融会社と話し合いを行うのは当事者が頼んだ弁護士や司法書士となるため、金融のことが全く分からない自分自身が話し合いを行うわけではないため、安心して整理を行うことが出来ます。

こちら


基本的には弁護士と業者間で話し合いを行い、膨らんだ金利分の減額が主な焦点となります。

こちら


元本はそのまま残ってしまいますが、話し合いがスムーズに行われた場合には支払う債務の大幅な減額となるため、返済が非常に楽になるでしょう。
民事再生や自己破産と違い、裁判所を通していないため話し合い開始から決着までの期間が短くて済みますし、複数の債務がある場合には選んで任意整理を行うことも可能です。

こちら


しかしデメリットもあり、裁判所を通していないため必ず減額できるわけではなく、業者が減額を拒否してしまうこともあります。

こちら


拒否しても法的拘束力がないため、もし交渉が決裂した場合には減額できないと言うことも少なくありません。
それと任意整理を行なった場合にも他の債務整理同様ブラック扱いになってしまうのも注意が必要です。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>