個人民事再生とは

個人民事再生とは、会社は利用できませんが個人、個人事業主が利用可能な民事再生法のことで、住宅ローン以外の借金を減額できる法律です。
自己破産の場合、住宅や車といった自己所有の財産を手放さなければいけなくなりますが、民事再生の場合は借金を減額して残った債務を3年程度で返済することにより、住宅などを手放す必要が無くなります。

こちら


利用するためには条件があり、自己破産のように借金が無くなるわけではないため、返済するための収入が確保できていること、借金の総額が5000万円以下であること、3年以内での債務返済が可能なことが条件となります。

こちら


民事再生時の借金の引き直し計算によっては過払い金請求を行うことも可能になりますし、過払い金を返済に充てることも可能となるため、債務整理の中では非常に前向きな方法です。

こちら


しかしデメリットも存在しており、民事再生を行なった場合には信用情報機関にその情報が記録されブラック扱いとなりますし、住宅ローンは減額されないためそのままの状態で返済が残ってしまいます。

こちら


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>