自己破産にかかる費用

当たり前ですが自己破産はお金のない人が申請をします。しかし、この自己破産を行うにもお金が必要になります。お金が無くて自己破産をする人からお金を取るというと矛盾していると思うでしょうが、これは必ず必要な経費です。さらにその経費は数千数万円といったレベルではなく、時に数十万円にも登る大きな出費になります。

こちら



まず必要なのが収入印紙などの事務手数料。これは郵便代なども加えますが数千円といったところです。

こちら

しかし、自己破産の手続きには破産管財人というという人物が選任されることがあります。これは自己破産する人に処分する財産が複数ある時、その財産の処分を管理する役目を負います。裁判所から選任されますが、この破産管財人に対する支払いも自己破産当事者が行い、最低でも20万円の出費になります。

こちら



さらに自己破産に際して弁護士などに依頼した場合にはもちろん報酬を支払う必要があります。弁護士費用はケースバイケースなので一概には言えませんが10万円から20万円は最低でも見積もる必要があります。

こちら


その他にも予納金など各種出費が自己破産者には必要です。

債権者の数や借金額によりますが、最低でも総額20万円、破産管財人などの登場するケースだとさらにその倍ほど必要になっており、多くの方は自己破産後に分割での支払いを取ります。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>