夫・妻、片方の借金はもう片方が返さなくてはいけないか

基本的に配偶者の借金を返済する義務はありません。
ですが、借金をした際に保証人になっていれば話しは変わります。
配偶者に勝手に保証人にされていた、なんて話しも聴きますが、貸金業者は保証人に契約書の写しを渡さなければいけないので、勝手に保証人にされても無効にすることができます。

こちら


勝手に保証人にされていることを知ったら、ただちに裁判所に申し立てをする必要があります。

こちら


申し立てをすぐに行わなければ、保証人であることを了解したととられる場合も有るので注意が必要です。

こちら


夫婦で家を購入した際に、ローンを組むことになると思います。
ローンを組む名義は状況によって色々でしょうが、主にメインで働いている配偶者がローンを組むことになるでしょう。
そこで、仮に離婚したとして、そのローンの半分の返済する義務があるかどうか。

こちら


実は返済する義務はありません。
ローンの返済は、ローンを組んだ本人と保証人にのみ発生しますので、配偶者だからという理由だけで返済の義務は生じることはありません。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>